チャート分析

トレンドが継続するか、それとも終了するのか。それはいま見ている時間足の押し安値・戻り高値を現在のトレンドで抜くことができるかどうかにかかっています。

トレード哲学

不安と戦いながら、真っ暗な道を1人で歩き続ける。誰もいないし、すれ違いもしない。家族や友達、職場の人間だってもはや誰とも話が合わない。どんどん孤独になる。お金もない。欲しいものなんてもうない。とにかくFXで勝てるようになりたい、ただそれだけ。

資金管理

資金管理は商売をする感覚を持っている人とそうでない人で随分と認識が変わります。50万円分の在庫を予め購入し、100万円の売上を上げ50万円の利益を出す。トレードとはやはり、ビジネスなのです。

トレードルール

言わずもがな、トレードは安いところで買って高くで売るか、高くで売って安くで買い戻すことが全てです。だからといって、レートの天井や底でエントリーするのが美しいトレードかというと、僕はそう思いません。

チャート分析

意外と「トレンドライン」と「カウンターライン」の違いを理解していない人が多いようです。これは別名「切り上げライン・切り下げライン」とも呼ばれます。このラインを抜けることで、本来のトレンドの方向にレートが回帰していくタイミングを図ります。

トレード手法

相場経験が長くなればなるほど、チャートのあらゆる挙動を掴めるようになってきます。「もうはまだなり、まだはもうなり。」という格言があるように、感覚でトレードしているうちは恐らく勝てていないと思います。

マインドセット

あなたは兼業(副業)だからと自分を甘やかしていませんか。プロと同じ土俵で戦う以上、自分は初心者だからとか兼業だからなどの理由で、相場は一切の手加減をしてくれません。

トレード哲学

相場の世界では極論、資金が増えるか溶けるかの二択しか無いと言われています。つまり資金が溶けるのが嫌なのであれば、相場に関わり続ける以上は増え続ける戦略を行使しなければならないということです。

トレードルール

トレンド転換は、各時間足ごとにトレンドの方向を変えるたった1回のチャンスです。それをトレンドが終わるまで、いつまでもただ構えて待っているというのはトレンドフォローの本質ではない気がします。

トレード哲学

僕は初心者の頃、他のトレーダーの手法や勝敗がとても気になっていました。FXを始めて1年でいくら稼ぎました!などの情報発信者に踊らされたり、自動売買に興味を持ったり。結局は寄り道ばかりで、一向にトレードが上手くならない自分にいい加減、嫌気がさしてくる。