勝つために損切りする回数と金額の目安

資金管理

例えば50万円の資金をトレードで、100万円に増やしたいとする。

勝率は5割でリスクリワードは1:2に、1回の損切り許容損失額は証拠金の5%(25,000円)に固定し月に40回の取引を執行した場合。
  • 負ければ25000円の損失、勝てば50,000円の利益
  • 勝率は5割だから損切りは20回分で-500,000円
  • リスクリワードが1:2なのでもう20回分の利益は倍の+1,000,000円

つまり差引き合計の500,000円が当月の利益となる。(単利計算)

何が言いたいのかというと、50万円を稼ぐには100万円勝って、50万円は負けないといけないのがトレードの真実だということです。

もともと50万円しか証拠金がないのに、50万円負けなければ50万円増えない。これは商売をする感覚を持っている人とそうでない人で随分と認識が変わります。

50万円分の在庫を予め購入し、100万円の売上を上げ50万円の利益を出す。

トレードとはやはり、ビジネスなのです。