チャート分析に関する記事一覧


チャート分析 トレードの教訓

押し目・戻り目の計測はフィボナッチを利用する方が多いと思いますが、50%にも満たずに反転していった経験は誰しもあるのではないでしょうか。

チャート分析 トレードルール

そろそろ上がるだろう、下がるだろう。トレーダーならエントリーシナリオを検討する上で、誰でも考える事だと思います。でもこれ、僕が負け続けていた頃の思考なんですね、今回は反転を読む無意味さというか何というかをご説明したいと思います。

チャート分析 トレード手法

ドテンって証券会社もチャートソフトの機能などに搭載されていて、とてもメジャーな取引手法だと思います。しかしその実、この手法はどの程度の精度がるのか、いささか疑問です。

チャート分析

何かの根拠があって逆張りするけど、いつも担がれてロスカットされてしまっている人がいます。その原因と対処法についてスピード解決する処方箋です。

チャート分析

トレンドが継続するか、それとも終了するのか。それはいま見ている時間足の押し安値・戻り高値を現在のトレンドで抜くことができるかどうかにかかっています。

チャート分析

意外と「トレンドライン」と「カウンターライン」の違いを理解していない人が多いようです。これは別名「切り上げライン・切り下げライン」とも呼ばれます。このラインを抜けることで、本来のトレンドの方向にレートが回帰していくタイミングを図ります。

チャート分析

フラクタル構造が何かわかっていても、実際に自分でエリオット波動をカウントできる、あるいは描ける水準まで可能な人は意外と少ないです。

チャート分析

トレードでやってしまいがちな勝率の低いエントリーミスについて。例え下位足がトレンドを形成しようが逆に崩そうが、それで上位足の方向性が揺らぐことはありません。関係なし。だから自分が強いと判断した上位足の方向を信じて、下位足のノイズに惑わされないようなエントリーを心掛けましょう。

チャート分析

一般的なテクニカル分析でトレンドの押し目・戻り目でエントリーするのは決して簡単ではないと言われているので、僕が何でトレンドフォローを適当に考えてしまうのか、過去の経験を踏まえて原因を探っていきたいと思います。

チャート分析

MT4などの取引画面には自分がトレードする時間足を軸に、2~4画面(時間足違い)のマルチタイムフレームを表示しておいた方がいいです。ではなぜ表示しておいた方がいいのか、その理由について確認していきましょう。