初心者がFX学習を始めるときの悩み

マインドセット

こんにちはユキトです。

僕とFXの出会いは「バイナリーオプション」というFXより少しゲーム性の高い為替取引を、幼馴染がやっていると聞いて知りました。

そして僕もやるかと聞かれて、決断するまでに必要だった時間はたぶん0秒。むしろ彼がまだ説明している最中にかぶせ気味で「やる!」と決め、サイト登録をすぐに済ませて証券口座をわずか数日のうちに開設しました。

僕がなぜFXを始めるにあたり一切、悩むことなく即決し行動できたのか。それは過去にあらゆるビジネスで失敗し、次に取り組むべきビジネスモデル(副業)として非の打ち所がない完璧なモデルだと直感的に確信したからでした。

本記事では当時の僕の心境を交えつつ、なぜFXがそれほど魅力的なのかを具体的に解説していきます。

FXを始めるべき理由

お金の画像
結論から先に言いますと、FXで僕が一番気に入っている点は、「受け入れるリスクに対し、リワード(報酬)の方が圧倒的に大きいから」です。

ではその「報酬」について細かく見ていきます。

素人がお金を増やせる方法は限られている

僕はいくつかの事業を立ち上げた経験がありますが、どれもこれも最初に自己資金が膨大にかかるものばかりでした。もちろん今の時代、お金をかけずに起業すること自体は簡単だと思いますが、それはただの理屈であって継続こそ困難ですし、そもそも誰でもできるお金の増やし方ではないと当時の僕は打ちのめされていたんですね。

やはり一般的には余程なにか特殊な技術を持っていない限り、サラリーマンに転職した僕であれば仕事の後に夜のアルバイトをしたり、片手間でメルカリを利用し転売してみたりといったお金の増やし方が関の山でした。

しかしですね、アルバイト等では大きく稼げることはありませんし、何より体がキツいです。実際に日が変わる時間頃までBARで働いてみましたがムリゲーでした。ひと口に副業といっても沢山あるようで実際は、時間対価ではないものを除くとやはり才能や特殊な技術がなければお金を稼ぐことは難しいと痛感しました。

時間も金もかけられない実情。

夜のバイトも体力的にキツくなってきた折、ここで僕はたまたまFXと出会うんですね。持つべきものは友と言いますが、幼馴染がFXのことを教えてくれなかったら今頃、僕はいったいどうなっていたことでしょう。

しかし世界中の敏腕トレーダーが蠢(うごめ)くこの世界、かの有名なウォール街の猛者たちを相手に裸一貫で飛び込むには、ちと知識不足過ぎるし危ないかなと思ったので徹底的に調べ始めたんですね。

そしてわかったことは…

FXは常識が通用しないし、時間も才能も必要ない

というか、関係ないと言ったほうが正確かもしれません。世の中で正しいとされている考え方の、およそ真逆の事をする必要があるといっても過言ではありません。

一生懸命に勉強したところで稼げる保証はありませんし(勉強しないのは論外として)、10年間取り組んでも勝てない人は大勢います。だからそういう人たちと、真逆の事をしていく覚悟が必要かもしれません。

そういう意味では、僕にとってはうってつけの仕事だと感じました。お金も時間もない上に、頭も悪い上に何より商売の才能がないことはもうわかっていましたので。

圧倒的な金額を目の当たりにする世界

ネットや書籍を頼りにFXの事を調べていくうちに、かなり少額でも始められることがわかりました。そして世の中には数万円から僅か数年で数十億円にまで資産を積み上げた人も実在することなども知りました。

最近ではYouTubeなどで「億トレーダー」と自称する沢山の人達が、実際のトレード手法を教えたり、ライブ配信で生トレードを披露しています。しかし落とし穴も多い業界ですので、安易に信じることは危険ですのでくれぐれも気を付けてください。

当時の僕は節約しつつ、サラリーの給料から毎月数万円の貯金が可能だったので10万円を元手にFXを始めました。そして今でも1回の取引で取るリスクは数万円程度で、大きく勝てるときの報酬は数十万円にも膨らみます。

得られる報酬はお金だけじゃない

FXを学び始めてから、著名なFXトレーダーの商材や書籍、あるいはYoutubeやブログ等で調べながら毎日、仕事から帰ると為替チャートを監視し続けました。これを約3年ほど続けていくうちに、自分自身の中の自己規律やメンタル強化にも繋がり、他にも以下のような様々なメリットを享受することができました。

  • 本をたくさん読むようになった(速読できるレベル)
  • 本業で稼ぐ目的ができた=投資資金を作って稼ぐ
  • サラリーマンを辞められるかもしれない希望ができた
  • FXの資金管理を学ぶことで、良い意味で金銭感覚がおかしくなった
  • 何事も準備して待つ姿勢と、忍耐力が手に入った

よくFXは危ないとか勝てないなどリスク面を強調する人もいるようですが、僕に言わせればそのような事を言う人ほど、自らリスクを取ってビジネスに本気で取り組んだ経験のない人の様な気がします。

リスクを極限まで抑えられるのがFX

そもそも他のビジネスに比べれば、FXにはないリスクの方が余程多いと僕は考えています。以下はFXが負う必要のないリスクについて箇条書きにしました。

  • 自分以外の人の手が要らないので人件費がかからない
  • 小売や飲食業のように在庫をする必要がない
  • 事務所や資材など余計な経費がからない
  • 自分が負うリスクを限定できる
  • 営業できる時間帯が24時間ある
  • 休みたい時に好きなだけ休める
  • 金融機関から借金する必要がない

上記はあくまで僕の経験則による主観になりますが、要は「自分に取れるリスクは何か」ということです。この不安定な現代で、何のリスクも取らずに停滞していてはそれ自体がリスクになる可能性があるのは言わずもがなですね。

いかがでしたか?迷っている時間はありません。「やらない後悔より、やって後悔」という言葉もあるくらい成功する人は考えるよりまず行動し、そして行動しながら考えるそうです。僕も常にそうありたいと思いますので、皆さんと切磋琢磨していきたいと思います。

それではまた、HELLO FX!