FXで勝てない逆張り手法とは?

トレードルール

スキャルパーでない限り、エントリー後はしばらく放っておいてもレートが思惑の方向へ素直に伸びていって欲しいはずです。

この理想を大前提に、デイトレーダーやスイングトレーダーにとって、いかに逆張りの勝率が悪く、かつ「全くお得ではない」という事実と根拠、そして答えを共有したいと思います。

逆張りする心理

ではまず、そもそもなぜ逆張りをするのか、そこには必ず原因があり心理的な作用が働いていると考えられます。

反発するだろう

過去チャートから、何かしらの抵抗となる要素にレートが近づいてきたとき、私たちはそこで反発を疑います。そしてそのポイントにレートが達した時、そこが頂点あるいは底だと信じてエントリーします。

しかしレートは一時的にそのポイントで反応したにせよ、何事もなかったようにエントリーした方向とは逆にそのまま伸びていくのです。

だろう運転は事故のもと、反発するだけならスキャルピングで数pips取れるかもしれませんが、「トレンド転換の完全な天底を狙う」のは、ハッキリ言って「ギャンブル」のようなものだと僕は考えています。

自分のロジック(根拠)を証明したい

先程のだろう運転の根拠となっているのは恐らく「自己流のロジック」であることがほとんどだと思います。

ロジックと言えるほどのものでなくても、「反発するだろう水平線」が引けているとか、フィボナッチの数値に達したからなどの理由が多いのだと思います。

確かに自分の分析通りに相場が動くこともありますが、実際には型にハマる事の方が圧倒的に少ないです。その圧倒的に不利なチャレンジをすることに、大事な資金をベットし続けるのはギャンブラーの所業と言わざるを得ません。

稼ぐことが本来の目的なのであれば、自分の理想的なロジックを信じて取引すること以上に、「相場はランダムである」という事実に基づいた仕掛けを考えるべきなのです。

戻しが嫌だから

トレーダーなら何度も経験するエントリー後逆行や、しばらく伸びたのに戻ってくる建値決済など、なるべく戻しに巻き込まれないお得なポジションを持ちたいと考えるのは自然なことです。

しかしこの心理が一番厄介で、「一番お得なポジションは天底である」と考えているところがそもそも間違っている原因です。

僕の考えるお得なポジションとは、「なるべく天底に近くて勝率の高いポイント」でエントリーすることです。これが何より大事です。

ただ勝率がいいだけでレートが伸びないポイントや、勝率は低いけど完全な天底が取れるポイントなど、僕にとってはどちらもあまり魅力的ではありません。

僕はもっと理にかなっていて、「勝率と戻しに巻き込まれないバランスの取れたエントリーポイント」を追求していますので後述します。

逆張りの欠点

逆張りは天底が取れるという利点を得る代わりに、実はそれ以上に多くのリスクを差し出しています。そのことをどれくらい理解しているのか見ておきましょう。

損切りが浅い?

これはよく言われることですが、逆張りは果たして本当に損切りが浅く済むのでしょうか。僕は実際にはそんなことないと思います。

ローソク足はよくオーバーシュートしますし、何のロジックも通用せずレートが一方的にトレンドに従うことはよくあります。

これがわかっている中級者以上のトレーダーほど、これを加味した損切り位置を設定しますから、決して損切りは浅く済んでいないのが現状ではないでしょうか。

完全な向かい風

当たり前のことですが、逆張りは基本的にトレンドに逆らっているので、勢いが強いとどこまでも連れていかれます。

実際の相場はロジックだなんだと、反転しそうな水平線やフィボナッチ数値、チャネルラインやオシレーターの根拠なんて無数にそれこそ限りなく見つけられてしまいます。

そのような状況で反転しそうだからと、それほど浅くもない損切りを繰り返していれば大きな損失に繋がります。また「次の節目まで含み損に耐えてやろう!」などの発想に至ったが最後、焼かれ続けた上に強制ロスカットとなるのがこの世界の常でしょう。

癖になる

あとこれは個人的な意見ですが、逆張りには「中毒性」があると思います。自分の考えた通りに天底を捉えたときの快感はなかなかのものです。

ただこれって、やっぱりギャンブルの要素を多分に含んでいることの証明ではないでしょうか。中毒者の末路は言わずもがなです。

自信をなくす

これも僕の経験上の感覚ですが、天底で逆張りを仕掛け焼かれ負け続けていると、資金もさることながら自分のトレードに疲れます。

天底を捉えられないことの方が圧倒的に多いので、一時の快感を追い求めるがあまり自滅の道へと足を踏み入れていることに自分では気づけません。これが中毒症状の最たる結果です。

一度でもこの病に侵されると、つい天底を狙ってトレードしてしまう症状はなかなか改善しません。さらに自分のロジックへの自信や資金も全てなくなり、逆張りに絶望して初めて気づく人も少なくないのではないかと思います。

勝率のいい逆張り(僕の答え)

どの時間足でもトレンドが反転する時、相場の原理としてはダウが崩れます。ダウが崩れるとはつまり、押し安値や戻り高値が突破されます。

このダウ崩れが何よりの反転根拠であり、自分のロジックなど足元にも及ばない相場の原則です。この原則に従わずに自分のロジックで反転の根拠を探そうとすること自体が愚の骨頂ともいえます。

押し安値と戻り高値

この相場の原則についてまだ深く学ばれていない場合、下記のWebサイトを参考にされてみてください。とても分かり易く解説されています。

押し安値と戻り高値について参照元:a-kufx.com

こちらで【トレンド継続の定義】と【トレンド転換の定義】を学ばれた上で、最後に次を確認してください。

真の逆張り

そして最後に「勝率と戻しに巻き込まれないバランスの取れたエントリーポイント」について、僕が考える最も最良のプランは以下となります。

トレンド転換の証が出たら、なるべく戻しを引き付けて逆張りエントリー。引き付ける際は、根拠足の2つ下の時間足でもダウが同じ方向にトレンド転換するタイミングでエントリーすると、なるべくお得に、またダブルでトレンド転換の証が出現しているので勝率がいい。損切りの理想は根拠足の直近高値、もっとタイトに置きたいのであれば、タイミングをとった2つ下の時間足の直近高値です。

この原理原則を用いた上で、インジケーターなどを自分なりのロジックと組み合わせて精度を更に洗練させていきます。既に気付いた人もいるかもしれませんが結局、最終的には逆張りでエントリーするのが僕はいちばん理に叶ったエントリーだと考えています。

逆張りからトレンドににエントリーしていく手法について、こちらの記事も参考にされてみてくださいね。