FXの逆張り手法でいつも担がれてしまう人の処方箋

チャート分析

何かの根拠があって逆張りするけど、いつも担がれてロスカットされてしまっている人がいます。

逆張りがうまくいかない原因

これ何が原因かいうと単純で、「反転するかもしれないポイントでエントリーしているから」です。え?それの何が悪いの?と思う人もいると思います。

逆張りで入れば確かに損切りは浅く済みますがその分、強気のロットを入れる人が多いので結局、担がれれば損失額はそれなりになってしまいます。

失敗しにくい方法

何も逆張りが駄目だと言っているわけではなく、「順張りで伸びる波動の開始ポイントで、逆張りエントリーする」という方法です。

つまり自分がエントリーの根拠とした時間足の2つくらい下の時間足で、せめて押し安値・戻り高値を抜いてからさらに、戻してきたところを逆張りでエントリーします。

要するに、エントリーしたい方向への勢いがまだ死んでいないのにエントリーしてしまっていると担がれるのです。

釣りに例えると、針に魚がかかってから直ぐに全力で引き上げるのではなく、少し弱ってから楽々と糸を手繰り寄せればいいのです。