極限までトレード回数を減らす

トレード哲学

トレードで結果を残せない人は、「勝ちの基準」を意識したことはありますでしょうか。

相場の世界では極論、資金が増えるか溶けるかの二択しか無いと言われています。つまり資金が溶けるのが嫌なのであれば、相場に関わり続ける以上は増え続ける戦略を行使しなければならないということです。

勝ちの基準は人それぞれだと思いますが、週間・月間・年間という基準で勝っているのか負けているのかを判断するのが一般的です。

では勝ち越すことを目的とした戦略とはどのようなものか。それは勝負する回数を極限まで減らすことに他なりません。

負ければ命を取られるほどの勝負を、何回もチャレンジしたいという人はそういないと思います。

資金が増えるかもしれないという誘惑に負け、死ぬかもしれない勝負に挑み続けるのは恐怖中毒者のすることです。ギャンブラーというか、カイジの世界です。

例え月にたった1回のトレードでもいいので、自分の鉄板パターンが出るまで監視し続け、取れるリスクの範囲で勝負する。チャートに少しでも気に入らないポイントがあればトレードを見送る。

プロのトレーダーとは、どこでも勝負できる技術を持っている人のことではなく、「勝ち越すための戦略を正しく行使できる人」のことだと僕は考えています。

この世界はただでさえチートな側面が大きく、学歴や仕事の給料あるいは役職などで成果を測れるものではありません。

欲深さや貪欲さよりも、規律(ルール)を遵守することができる「何か」を持っていなければなりません。

その何かは人それぞれ違うでしょうが、個人的には夢や希望よりも、絶望や恐怖を背負った人の方がこれに近付けると思っています。

物販に例えると、売れもしない無駄な在庫を仕入れ過多で余らせている状態ではなく、1つずつ丁寧に安く仕入れて高く販売する努力をしましょう。ということです。それができなければ店舗の経営状況は傾き、破産が待っているだけです。

良いと思ったらすぐに飛びつくのではなく、吟味し値切って満を持してポジションを建てる癖をつけるのです。