ドテンが手法として如何に勝率が低いかを知る

チャート分析 トレード手法

ドテンって証券会社が用意しているチャートソフトの初期機能などに搭載されていて、とてもメジャーな取引手法だと思います。しかしその実、この手法はどの程度の精度がるのか、いささか疑問です。

よくあるパターン

ではなぜドテンの勝率が悪いと思うのか。例えば自分がロングポジションを保有していて、ターゲット付近までレートが伸びてきたので利確するとします。

利確するということは「そろそろ下降しそう」と考えるからですよね。そして利確後にドテンしショートポジションを持ちます。

それから少し思惑の方へ下げてから、上がっていく。これ僕の中ではあるあるなんですが、あなたはどうですか?

なぜドテンが失敗するのか

そもそも利益確定というのは難易度が難しく、絶対ここでレートが折り返していくという確証のもとに執行するものではないと考えています。

では何を根拠に利確するのか。判断は人それぞれでしょうが、「反転するかもしれないポイント」で利確をするのが無難でしょう。

では反転するかもしれないポイントで、新たに逆ポジションを持つ(ドテンする)のは果たして正解と言えるのでしょうか。

逆方向にエントリー

僕の結論としては「利益確定とエントリーは別物

どちらも精度を追求せざるを得ないファクターではありますが、どちらかというと利益確定については、ある程度は適当でよくて、エントリーポイントの策定こそ慎重になるべきだと考えています。

手法にもよると思いますが、僕はトレンド転換の初動を取りに行くスタイルなので、エントリーに際しては反転ポイントを見極める事が最重要となります。

利確とエントリーを切り離す

結論としては先にも述べたように、「利確とエントリーは別物」と捉え、利確後にまだ伸びるのか反転するのかは切り離して精度を追い求める方がいいと考えています。

利確は失敗しても更に取れていたであろう利益を逃し悔しい思いをするだけで済みますが、エントリーポイントをミスると逆行し損切りする羽目になります。

ですから余程の反転根拠がないかぎり、つまり二度とドテンしたポイントへレートが戻ってこないと確信するポイントでしかドテンは機能しないということです。

もしドテン風なことがしたいのであれば利確後、エントリー根拠としている時間足の2つ下の時間足でダウが崩れてからドテンを検討すると精度が上がります。なんなら利確も同じタイミングにすれば、利益はダウが崩れるまでどこまでも伸ばせることになります。