証拠金を倍にするチカラ

資金管理

FXをトレードをしていて、まぐれでも何でもいいので資金が倍になった経験はありませんか。勝つ時は勝つ、でも週間や月間ではマイナスに転じる。初心者はもちろん、中級者には多い現象なのではないかと思います。

証拠金の正しい増え方

丁半博打で証拠金は増えない

僕もよく資金を溶かしては入金を繰り返したクチなので、少額ハイロットが当たり前になっていた時期があります。これは当たればすぐに資金が何倍にも膨れ上がりますが、ほぼ同じスピードで溶かします。

期待値が大事

理由は簡単、50%の丁半博打を繰り返しているだけだからです。FXにおいて正しい資金の増え方は、「1回当たりのトレードの期待値がプラスであること」です。

つまり勝とうが負けようが、トレードすればするほど、資金は自然と増えていかなければなりません。例えば以下の条件でトレードした場合は、月間で資金が倍になります。

・証拠金10万円
・勝率50%
・1トレードごとのリスク許容10%(1万円)
・リスクリワード比1:2

証拠金が倍になる考え方

上記条件であれば、1トレード当たりの期待値は5,000円となるので20回の取引を執行することで10万円の勝ち、資金はおおよそ倍になるということです。

またこの条件を守る上で大事なのは、ロスカットは必ず1万円以内に抑え、利確は2万円以上のトレードを勝率50%で安定して執行するスキルです。

途中でロットを上げたり、勝率の外にある根拠でトレードすれば即アウトです。期待値は見事に崩れます。

理論建てと実行力が問われる

理論的には叶う数値でも、ルールを守れなければ何の意味もありません。トレードする意味が全くありません。期待値通りのトレードができて初めて、資金は増える可能性を秘めます。

FXをギャンブルたらしめるのは他でもない、あなた自身のトレードに対する向き合い方そのものなのです。1万円を2万円に、2万円を4万円にするチカラは例え今後、証拠金がいくらになろうが同じことの繰り返しであることに早く気付くべきです。