FXトレードが難しく感じる理由と対処法について

トレード哲学 トレード手法

中級者や勝てていないトレーダーほど、相場をあまりに複雑視し過ぎている傾向があります。いくら考えたって相場はランダムです。人の欲望や恐怖あるいは仕手、社会的ファンダメンタルズなどあらゆるものを織り込んでいます。それを全て予測するなど絶対に不可能です。

手法より原理

私たちはトレーダーとして最初の一歩を踏み出した時から、実は既存のトレーダーから余計な情報まで脈々と受け継いでしまっています。

それは「手法」や「ハイレバ」がどうのこうの、「フィボナッチ」がうんたらで「順張りだ逆張りだ」など言葉遊びに翻弄されてきました。

しかし本来の相場とは、いくつかの原理に基づいてただ上げたり下げたりしているだけなのです。

本来、相場の原理はそれほど難しくない

ともすれば、そのような言葉遊びは一旦横に置いておき、相場の原理原則に従ったシンプルなトレードルールを構築すればいいのです。

トレンドは継続する

ここで念のため、改めて自問自答してください。あなたはトレンドをフォローしていますか?トレンドと逆方向にエントリーしていませんか?

トレンドはダウが崩れるまで継続します。なのでトレンドが発生しているなら、その方向にエントリーしていれば、よほど変な箇所でエントリーしていない限り波は一方向へ進みます。

ダウ理論を絶対とする

ではどこまでトレンドは継続するのか?ダウ理論によれば、それは「押し安値・戻り高値を明確に抜けた時に終了する」とされています。

つまりは高安値が更新される度にトレンドは継続し、押し安値・戻り高値を突破してこない限りはトレンドをフォローしていればいいのです。

事実に基づいてトレードする

ダウ理論以外にもエリオット波動やフィボナッチ数列など、自然界にも存在する法則で相場の動きをある程度は予想できるかもしれません。

しかし僕個人としてはダウ理論に比べれば、これらは原理・原則というほどまでの信憑性は無く、飽くまで補助的な理論ツールとしてしか信頼は得ないと考えています。

ともすれば、トレードが何だかわからなくなってしまった方や手法が上手く固定できない人は是非、トレンドをフォローすることだけを考えてみてください。なぜならきちんとトレンドをフォローしているのに大負けしているなんて話、聞いたことなくないですか?

徹底的にトレンドフォローする

これに尽きます。それ以外の事は忘れて大丈夫です。どうすればトレンドの最中に、上手く波に乗っていけるのか。ただそれだけをひたすら追い求めてみてください。

トレンドフォローをする上で、その波がまだ序盤の方なのか終盤の波なのか予測するにはエリオット波動やフィボナッチを使います。

できる事なら序盤の波に乗りたいですし、利確のタイミングなどどこまで伸びる可能性があるのかもある程度は予想するべきです。

参考にどうぞ

ユキト「いかがだったでしょうか。悩みは少しくらい解消されましたか?もしまトレンドフォローしているのに負けているよ!という人がいるとすれば、それはトレンドの認識を誤っていたり、ストップロスを置く場所、ロットが大きすぎるなど、資金管理がきちんとできていない可能性が高いと思います。」