FXで勝てない本当の理由と対策【助けてほしい人は必見】

マインドセット

こんにちはユキトです。

本記事は僕が初中級者のとき、何をどうしても全く勝てないし、勝てる気がしない暗黒時代の記憶を元に作成しました。いまもしあなたが同じような気持ちで、もうFXで稼ぐことを諦めてしまおうかどうか悩んでいるなら、一読いただいて損はないと思います。

勝てていない人の原因は様々ですが、一貫して同じことをしている傾向があります。ただし巷(ちまた)で言われているような浅知恵で原因を知っただけでは、何の意味もありませんし改善しません。これからお伝えする内容を是非、自分のトレードフォームの改善に役立てていただけると嬉しいです。

FXで勝てない本当の理由

FXで勝てない理由を徹底的に説明

さっそく第1章では、勝てていない理由をシンプルに、突き詰めてお話していきます。なんかどこでも書いてあるようなことではなく、僕自身の内なる声でもあるので是非、一緒に確認していきましょう。

絶対的にエントリー場所を間違えている

これはテクニカル分析、つまり自分の手法がまだ固定できていない人に起こりがちです。また固定しているはずなのに、つい優位性の低い場面で手を出してしまうのも同じことです。

エントリーポイントは非常に重要ですが、「同じことを何回やっても再現できる状態」にしなければ、本来の優位性を保てずに期待値通りの結果は得られません。

トレード手法や手順については様々ありますが、自分的にしっくりくるもので大丈夫ですので、それよりも早く「エントリーポイントを固定する」ことに意識を傾けてみてください。

資金管理が全くできていないから勝てない

資金管理の重要性は他の記事でも取り上げていますが、トレードにおいてこのファクターは「最重要」といっても過言ではありません。

そうです、先のテクニカル分析よりも「精度が求められる」と思っていただいて大丈夫です。以下に資金管理ができていない人に限って犯しがちな、精度の悪い計算ミスについてリストアップします。

FXの資金管理に必要な3大計算要素

  • 許容損失額計算
  • ロット計算
  • リスクリワード計算

この重大な計算ミスについて改善を希望される方は、以下の記事を参考に精度を高めてください。エントリーや利確うんぬんよりも、そもそもこの資金管理ができているかがトレードの質を根本的に改善します。

こちらの記事を参考に

トレンドをフォローできていない

この考え方には賛否両論ありますが、僕個人としては勝てない人にアドバイスするにあたり、「トレンドフォロー」を正確に理解し波に乗れるようになることが、まず基本中の基本だと説明します。

トレンドフォローをほぼ完璧に理解できていれば、逆張りやその他の手法においても「優位性の意味」がわかるようになることから、このような主張となります。

トレンドフォローは口でいうほど簡単ではありませんが、幾度となく失敗を重ねながら練習を続け、どうかあなたが乗りたい波に乗れるようになることを祈っています。

トレンドフォローの参考記事

絶対にやめるべき勝てないトレードの悪習慣

勝てないトレーダーの悪習慣

第2章では、勝てない原因を、敗因からあぶり出すイメージで捉えて見てみください。勝つ方法ではなく、負けない方法を実践すれば自ずと勝つ方法に転換します。

天底を狙った逆張りトレード

僕としてはこのトレード手法が一番危険だと思っています。初心者よりむしろ中級者が、ドカーンと証拠金を吹っ飛ばす原因の一つだと考えています。もちろん、僕もそうでした。

これはいわゆる逆張りで、トレンドの最後の頭と尻尾で頂点を取りに行く方法ですが、「ナンピンと併用」すると恐ろしい結果を招きます。

恐怖のシナリオ

特にフィボナッチリトレースメントなどのツールを使用し、数値で反転を予測している人は要注意です。なぜなら数値での反転根拠は複数あることから、「この数値で反転しなかったから、次の数値まで含み損に耐えてやろう」という思考になりがちです。これを2~3回ナンピンでトライして、それでもトレンドの勢いは衰えないので、損切りを意識するころには3つのポジションが含み損でパンパンになっています。

1つ前のトレード後にロットを上げてしまう

資金管理でも「ロットコントロールの重要性」について触れましたが、僕自身がいつもは慎重な自分が、ついやってしまう悪習慣として「さっきは勝ったから(負けたから)、ちょっと強気でロットを上げてみよう」とトライしてしまいます。

時にはこのように強気な仕掛けが必ずしも悪い訳ではありませんが、別のトレード結果に左右されたロット計算はダメです。

そこには「さっきは勝ったし、今回も勝つだろう」とか、「さっき負けたから、今度は取り戻してやろう」というメンタルが起因することが多いのです。

1つ1つのトレードは、まったく別の取引です。つまり前回トレードの勝敗は、今回のトレードとは全く関係のない事象と考えるべきなのです。なので前回トレードは、ロットを上げる根拠にはなり得ないので注意しましょう。

※逆にロットを下げる根拠にもなりません。

コツコツドカンの正体

一般的なコツコツドカンの説明は、「コツコツ勝って、ドカンと負ける」ですよね、よく他のサイトなどで目にします。そしてこうなる理由でよく謳われるのは、「損切りが遅く、利確が早いから」などが多いと思います。でも僕の概念は少し違います。

実のところ、とにかく一貫して優位性の高いポイントかつ、適正ロットと損切り設定でトレードをしていれば、資金は自然と増えていきます。

でもなぜ資金が増えないどころか、大事な資金を減らしてしまうのでしょうか。僕の経験上その理由は「連敗するから」です。

ただの連敗ならまだいいのですが、「追いかける連敗」が致命的なダメージを負うのです。

では普通の連敗と、追いかけ連敗では同じ負けなのに何が違うのか。それは「優位性のあるポイントか、そうでないか」の違いです。

普通の連敗は都度、トレードするポイントが違うはずです。1度負けてから、少し間を置いたり別の通貨ペアに変更、あるいは別の日のトレードだったりするはずです。

しかし追いかけての連敗は、同じ優位性(だと思っていた)の中でレートを追いかけ続けて負けるので、圧倒的に不利に負けるのです。

つまりは全く優位性のないポイントで、トレードをしてしまっているのです。コツコツドカンは、少しずつ勝って蓄えた利益を、1回のトレードで全て吐き出してしまうことでしたが、本来は「コツコツ負けて、ドカンと勝つ」が正しいのです。

今回ご説明したケースであれば、「コツコツ負けて、ドカンと勝つ前に、ドカンと負ける」が、追いかけトレードの最たる脆弱性です。

本来あなたが追いかけるべきはトレンドです。それを忘れないように、くれぐれも逆張りナンピンで焼き尽くされることのないように。

勝てないけど負けもしない体質作り

助けて

この考え方は非常に大事で、実際に勝つようになるトレーダーの多くはこの、「トータルでまだ勝てないけど、負けもしない」というイーブンな成績期間を経て、自然に勝ち上がるようになっていくようなのです。

とにかく損切りを早くする

損切りが遅い人は、とにかくトレードで勝つ理屈がわかっていない可能性があります。FXで勝てないということは、普通のビジネスなら「仕入れた価格以下の値付けで商品を販売する」のと同じことです。

これは売れば売るほど、赤字になるということです。

そんな馬鹿なことするわけない!と普通なら冷静に考えられますが、トレードにおいて損切りは仕入れ、利確は売上であることを真の意味で理解し実践できる人は少数です。

でもこの理屈が本当にわかっていればどうするべきか、もうあなたならわかりますよね。そう、「損切りを最小限に留め、利確は期待値以上に伸ばす」ということですね。

そうは言っても、やっぱり損切りは苦手だなあーって人は、その辺のことについても、過去記事で紹介していますので参考までにどうぞ。

戻ってくるまで待つ

トレンドをフォローするためには、押し・戻りを待つ必要があります。どれだけ思惑の方向にビューンと行ってしまっても、追いかけてはいけません。

レートが戻ってくるのをひたすら待ちます、戻ってこなさそうでも待ちます。自分が心地よいと思える水準まで戻ってこないレートなんて、相手にしなければいいんです。

負けている人の多くはとにかく、「チャンスを待てない」などと言いますが、船が港に着いていないのに海に飛び込めば溺れて死んでしまいます。

野球の守備でも中途半端に、前方へ打ちあがった打球をノーバウンドで無理やりダイレクトキャッチしようとすればエラーします。ただ待ってバウンドに合わせて補給する方が、よほど簡単で安全なのに。

でも待てないあなたのために、僕が実践している待つコツを教えます。ただ待てと言われても、そうそう待てるものではないことを僕は身をもって知っています。なので僕は、この「待つ」という作業の代わりに、他の作業をすることにしましたので参考まで。

待てない人におすすめのプラン

  • 映画を見ながらチャートをチェックする
  • 筋トレを習慣化して健康も同時に手に入れる
  • ブログを立ち上げてみる
  • 他のトレーダーのYouTubeを見て勉強する
  • 僕とコミュニケーションをとってみる

趣味でも何でもいいので、トレード以外の目的も同時に達成させるくらいの作業量があれば、自ずとトレードも待てるようになりますし、チャートのチェック頻度も減りますよ。

無理に利益を伸ばそうとしない

トレードはトータルの利益が、損失を上回れば勝ちでしたよね。ちなみに僕は、1週間ごとに勝ち負けを決めていますが、この「どこで勝ちを集計するか」も自分で予め決めておくことをおすすめします。

やはりゴールが見えていないと、試合終了目前にも関わらず無茶をしたりします。僕なら週の前半は利益がなるべく膨らむように、損失を抑えつつトレンドに乗れれば思いっきり伸ばします。

ですがこれが週後半ともなってくると、勝っているのに無茶をする必要はどこにもありません。逆に週後半まで負けが混んでいる場合は、プラスマイナスゼロくらいのイーブンを目指します。

利益はなるべく伸ばした方が良いに決まっていますが、バスケットやサッカーの試合のように、点差がある状態の優勢試合があと少しで終わることがわかっているのに、無理にゴールを決めに行く必要がないのと同じ感じです。無理は禁物、相場はいつ何が起こるかわからないので、「勝っているから今週はもうトレードしないでおく」という選択ができるのも負けないトレーダーの成せる技です。

建値決済を活用する

建値とはエントリーしたポジションと同じレートという意味ですが、エントリー後にうまく利益が乗っていたのに、途中で折り返してきた場合は同値で利確してしまう対処のことを「建値決済」といいます。

何とも悔しい結果なのですが、これは考え方によっては、ある意味で勝ちなのです。荒れ狂う相場の世界で自分のポジションを保有し戦い、損失なく無事に決済(帰還)できたのだから、十分すごいことなのです。

とにかく負けなければ、仕入れは安く済みます。安く仕入れたポジションは、後で高く売れるので儲かります。微益だろうがプラマイゼロでも勝ちは勝ち、勝負の世界は時に勝ちにこだわって卑怯な手を使うこともいとわない戦略も必要不可欠なのです。

3章に渡り「FXで勝てないから助けて欲しい・・・」という悩みをお持ちの方へ届けばいいなと思いお伝えしてきました。僕にとってFXを学ぶ本質は、トレードのみならず色々なことに気づかされる事ばかりです。FXのおかげで自己規律の大事さに気付き、本業も軌道に乗りましたし、筋トレや有酸素運動をするようになって体調も改善されました。何よりプライベートな資金管理も、以前の僕では考えられないほど巧みになりました。そしてブログを作り、こうしてあなたとも、お互い貴重な時間を共有できているのです。これって実は、全部トレードから学んだことなのです。

このようにして僕も一歩づつ、時には絶望に打ちひしがれながら、何度も大事なお金を失って辛い思いも我慢もしてきたつもりです。でもいつか、絶対に、諦めてやるものか。そう強く未来の自分を想像しながら、ここまでやってきましたし、これからもがんばっていくつもりです。

どうかあなたも、自分を責めるのではなく、実践の中で失敗を自分の糧にしながら、「自分だけの勝ち感覚」を身に付けるまで諦めず共に頑張りましょう。

ユキト「先日とある本を見つけました。本のタイトルは【ゆっくり生きれば、遠くまでいける。】というもの。なんだか焦って稼ごうとして失敗続きだった当時の僕の気持ちに、フワっと諦めないマインドが芽生えたような瞬間でした。なので今でも僕のアイコンは亀を使っています。」

今日はここまで、ユキトでした★