FXで勝つための損切りルールを厳守する

トレードルール

FX初心者さんにありがちなのが、損切りを置いたのはいいけどレートが近づいてくると、ついズラしたくなるものです。

しかし中級者以上になってくると逆に、損切りを受け入れる事はできるようになっても、損切りするには根拠の薄いところで、「成り行きで損切りしてしまう」という現象に見舞われます。

そもそもなぜ損切りするのか

経験則からくる違和感をキャッチし、初めに設定した損切りポイントよりも早く損切りしてしまうんですね。

これは間違っているとは言えませんが、実は正解とも言い難いのです。

損切りラインというのは、「そのポイントを抜けていったらエントリー根拠が崩れる箇所」ですから、そこには必ず「抵抗」が存在するはずなのです。

抵抗が存在するのであれば、そこはレートが止まる可能性が高いポイントなのです。ともすれば、そのポイントを突破すると、レートは逆方向に走り出すので損切りが必要なのです。

損切りのあるべき姿

これは僕の個人的な意見ですが損切りポイントは、十分に検討された箇所に置いた上でロットを調整しエントリーします。そして何があろうと動かさず、受け入れるのです。

もちろんギリギリで折り返していくこともあれば、そのまま突き抜けていくこともあります。あるいは損切りを狩ってから、思惑の方向にレートが伸び区悔しい経験も多いでしょう。

しかしトレードで大事なのは「再現性・一貫性」だと僕は考えています。毎度、勘(手動)で損切りしたりズラしたりしていては、トレードルールが一貫しているとは言えません。

優位性のあるルールを一貫して執行し続けることこそが、トレードで利益を積み上げるコツだと知りましょう。過去に書いた以下の記事も参考にされてみてくださいね。