トレンドフォローしているつもりでは勝てない

トレード手法

FXでいま勝てていないあなたは、きちんとトレンドフォロー手法を実践していますか?もしかしてそれは「トレンド転換手法」ではありませんか?この二つは似て非なるもの、認識を誤れば全く勝てませんのでもう一度、自分の理解を掘り下げて腑に落としておきましょう。

トレンドフォローで勝てない原因

トレンドフォローで勝てない人は大体、以下のような認識違いを持っているはずです。

トレンド転換を狙っている

もしトレンドの初動を取りに行っているのであれば、それはトレンドフォローではありません。これに銘打つのであれば「トレンド転換手法」です。

この手法は基本的に、トレンド発生前をエリオット波動の第2波終わり、あるいはチャートパターンなどでエントリーするケースが多いように思います。

しかし根拠足のトレンドが発生する前にエントリーすることから、しっかりダウ理論に基づいた環境認識ができていることが最低条件となります。

事実根拠的に本当の意味でのトレンドの初動は、ブレイクアウトするその瞬間まで誰にもわかりませんし難易度は高めだと思います。

逆張りしている

これも基本的にはトレンドの転換を見据えた目線になっていて、トレンドフォローの目線ではありません。

「流石にここまで戻して来たら、フィボナッチ的にもそろそろ下げるだろう!」とか「オシレーターが買われ過ぎを示唆している!」など、中級者の人ほど事実とは関係のない憶測的な根拠からエントリーし、焼け死ぬパターンが頻発します。

僕もこれまで幾度となく、このフィーリングエントリーで痛い目に遭いました。もし転換しなければ、トレンドとは全く逆方向にエントリーしているだけなので結果は言わずもがなですね。

とにかくこう考えてください、トレンドフォーローの神髄は「負けてもいいから、トレンド方向にしか絶対にエントリーしない」という覚悟が大切です。

トレンドが崩れるのはたった1回

トレンドが崩れそうだから、そろそろ下がりそうだからショートしたらトレンド方向にガッツリ上昇し担がれて損切り。

おまけにナンピンまでして資金のほとんどを吹っ飛ばす。いつまでやるんですかそれってパターンのやつです。

最後に、肝に銘じてください。トレンドはそう簡単に崩れませんし、上位足のトレンドであればあるほど尚更です。トレンドフォローというのは、上位足がトレンド状態の中を下位足の高安値が更新していきながら継続されていくものなのです。