FXで勝てない理由を死ぬ気で考えてみたか

トレードの教訓

勝てない頃、何度も諦めそうになります。でも諦める前に、マジでどうすれば勝てるようになるのか死ぬ気で考えてみる機会を持つべきです。

勝てない理由

現状、負け続けているのであれば基本的には全く逆の事をやれば勝てるはずです。そこで、じゃあ何を逆にすれば勝てる可能性が上がるのか考えてみます。

逆張りしている

順張りに変更してみてください。勝てていないのであれば、反転を狙っているけど反転せず逆行するケースが多いのだと思います。反転を疑わずに、ブレイクアウトなどを使ってトレンド方向へエントリーしてみてください。

ロットを張っている

下げましょう。ロットを張っていいのは勝っている人だけです。

損切りが浅い

深めに取りましょう。波はジグザグしながら大局の方向へ向かいます。その小さな波のジグザグで狩られていては大きな波をキャッチできません。

エントリーしても逆行する

逆にエントリーしましょう。自分がチャンスだと思ってポジションを持つタイミングがそもそも、上級者にとっては自分とは逆にエントリーする格好のポジションなのです。そこからきっと何かに気付けるはず。

チキン利確してしまう

損切りの後などには損失を回収したい気持ちが一杯でついチキン利確してしまいます。しかし、それでは絶対に勝ち越していけません。損益比通りのトレードを繰り返してください。

ポジポジしちゃう

ポジポジしない方が勝ち越しやすいことを知らないだけです。慎重に狙いすましたトレードの成功経験が増えるにつれ、自然とポジポジしなくなると思います。無駄なトレードは疲れますし無意味なので。

絶好のポジションまで待てない

トレードは監視することが9割の仕事みたいなものです。待つというのは誰しも耐え難くイライラするものなので、監視するというニュアンスが正しいと考えましょう。
過去にも書きましたが、命をかけられるポジション取り(エントリー)を想像してみてください。厳選に厳選を重ねたポイントでしかエントリーしないはずなので。

YouTubeでトレーダーの動画ばかり見てしまう

基本を学べる人から習うのはいいことだと思いますが、それ以上に他のトレーダーから習うことは基本的にありません。自分で正解を見つけてパターンに落とし込むのがこの世界で勝つ唯一の方法です。

考えて考えて、検証して検証して、何年かかっても、生き残ってさえいればいつかは勝てるようになります。勝つまで諦めないだけ。それが簡単にできないのは言わずもがな、やはり報われないのに努力し続ける事ができる人は、ほんの一握りなのかもしれません。