【FX】取引ルールを守れない人向け矯正ギブス

トレードルール

どうしても自分で決めた取引ルールが守れない、そんな自分に嫌気が差しているあなた。ルールが守れないばかりか、そのせいでボロ負けして資金を何度も吹っ飛ばしFXで成功することを、今にも諦めてしまいそうになっていませんか?

僕も未だにルールを破ってしまうことがあります。でもボロ負けすることは極端に減りました、あることをするようになってからです。今回はその「あること」について、万人に効き目があるかはわかりませんが共有したいと思います。

なぜ取引ルールを守れないのか

FX相場に慣れてきた

まず絶対的に言えることは、取引ルールを守れないあなたはFXトレーダーとして、ある意味で順調に成長しているということです。

それは何故かというと、ある程度は相場の波を読めるようになっているからこそ、自分の取引ルール以外のポイントでも手を出してしまうのです。

FXで稼ぐ本質を忘れてしまっている

しかし中級者に最も多い現象として挙げられるのも、やはり「取引ルールが守れない」というジレンマ。でも今一度、初心に立ち返って考えてみてください。

エントリーポイントの優位性、資金管理、損切りや利確。既にあなたは、これら全てに一定のルールを定めるまでに相場に打たれ苦労してきたはず。

そしてもう知っているはずです、取引ルール外のことをすれば全ての歯車が狂ってしまい安定的な収益など見込めるはずもないことを。

トレード回数の罠

またここで改めて理解を深めておきたいこと、それは「トレード回数と利益は比例しない」という事実。

確かに一定の優位性を持ったポイントでルール通りにトレードしていれば、これは成立すると言えます。

しかしそれは徹底的にルールを尊守した場合にのみ発動する計算式です。ルール外の取引など混合しようものなら、その他の多くのトレードは無意味となってしまいます。

取引ルールを破るとどうなるのか

勝ち負けの原因がわからない

取引ルールを守らなければ、そもそもトレードのデータが収集ができません。トレード毎の勝ち負けの原因が曖昧で判らず、次のトレードに全く活かせません。

つまりトレーダーとして全く成長しません。

自己嫌悪に陥る

個人的にはこの自己嫌悪こそが、トレーダーとして死に値する一番キケンな現象だと考えています。

トレードルールを守っていないことは、他の誰でもなく自分が一番よくわかっているからです。

守れない自分を自分で嫌悪し、徐々に自分自身に対して信頼感を損なっていきます。もちろん手法やルールに対してもです。

絶対に稼げない

そして当然ですが、稼げません。相場はそんなに甘くありません。徹底的に検証・分析し、優位性の高い売買ルールを長い時間をかけて自分で練り上げてこそFXには光が差します。

そのような厳しい世界で、ルールを守らないなどと初歩的で最も重要なことを執行できないのであれば事実上、あなたは既に相場から退場を宣告されているも同然です。

取引ルールこそが全て

最後に、僕がボロ負けしなくなった「あること」についてです。それは「逆張りをしなくなった」ことです。

僕の言う逆張りとは「自分が本来乗りたいトレンド方向と逆方向へのエントリー」です。

大抵の場合、戻しが待てないから逆張りで戻しを取りにいってしまいます。もちろん取れることもありますが、エントリーしてそのまま突き抜けていくことも多く、そもそも調整波は波が荒いですし、浅い戻しで本来のトレンド方向にレートが回帰してしまうこともしばしば。

なので僕はこのルールを絶対に破りません。これだけは固く守ります。逆にそれ以外は割と好きなところでエントリーします。だって逆張りしないんですから、必ずトレンド方向にエントリーしているわけです。

これってあなたなら、大負けしない理由になるってもうわかりますよね。