勝てていないなら天底を狙ってFXで逆張りしようとしないこと

トレードルール

言わずもがな、トレードは安いところで買って高くで売るか、高くで売って安くで買い戻すことが全てです。だからといって、レートの天井や底でエントリーするのが美しいトレードかというと、僕はそう思いません。

美しいトレードとは

天底は美しくない

僕にとっての美しいトレードとは、「ダウ理論通り」のエントリーが成功したとき。つまり例えば上昇トレンドが下降へ転じる根拠(証)がしっかり出た時にエントリーを検討します。

ダウ理論通りの根拠(証し)とは、「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」という相場の原理原則に重きを置いたトレードです。

逆風の最中

明確な転換シグナルとは、押し安値・戻り高値を割り込んだかどうかというのが判断基準です。このシグナルが出ていないのにエントリーするということは、思惑の方向と全く逆に猛烈な風が吹いているということです。そんな突風の中にあえて突っ込んでいく必要はありません。

確かに天底でのエントリーが成功すれば損切りも浅く済みますし、獲得できる値幅も大きくなるでしょう。僕も過去には徹底的に逆張りで天底ポイントを割り出す手法を研究し実践してきましたので、メリットも身に染みてわかっているつもりです。

トレンドには負ける逆張り

では何故その手法をやめたのかというと単純で、「勝ち続けることができなかったから」です。僕に合っていなかったと言ってしまえばそれまでですが、逆張りは強いトレンドが発生したときには漏れなく爆死します。

僕が安定して勝てるようになったきっかけは、逆張りをやめたことです。ただそれだけです。

ということで結論はこうです。「頭と尻尾はくれてやれ、そしてトレンドに乗ろう。」これが相場の本質だと僕は信じて止みません。

関連おすすめ記事