利確ポイントに届くまでただ馬鹿になれ

トレードルール

自分で決めた利確ポイントまで到達しないのに利確してしまうことってありませんか?下がってきたから利確、でも持ち直してターゲットに到達・・・。

くそー!ポジション持っておけばよかったー!ってやつです。トレーダーなら誰しも経験ありますよね。

今回は「じゃあ、どう考えるべきなのか?」ってことを一緒に深ぼってみます。というか答えはタイトルの通りなので、その根拠を僕なりの経験視点で共有します!

正しい利確ポイントとは

決めたことを守る

正しい利確ポイント?そんなの人それぞれでは?と思ったあなたは、大正解です。でもその利確ポイントを守るかどうか、これが大事なんですね。

そもそも損切りや利確のポイントというのは「期待値とリスクリワード」を計算した上で設定しエントリーを執行する必要があります。

ですから毎回、設定通りのトレードを執行し続けなければ目論見通りの利益が上がることはあり得ませんよね。

なので成り行きで利確するなどして、途中で試合から降りてしまうと資金管理ができていないことと同義になってしまいます。

資金管理とテクニカル分析の落とし穴

資金計画、資金管理はトレードそのものであり最重要項目だと僕は考えています。いくらテクニカルの達人になっても、資金管理がおざなりでは絶対に稼ぎ続けることはできません。

ですからテクニカルを妄信し過ぎると、ターゲットまでのチャートの動きにやたら敏感になってしまいます。そして中途半端なところで利確。そのあとまだ伸びる・・・の展開です。

損切りは状況に応じて成り行きで決済しても問題ありませんが、利確はなるべく最初に決めたターゲットまで保有する努力をしてみましょう!

一度決めた損切りポイントや利確ターゲットは全て、エントリーの前に緻密な計算のもとに設定し基本的にズラしたり成り行きで約定しないようにする。そうすると、今のトレード履歴から何らかの変化がきっと見つけられるはずです。ある意味でエントリーしたら決済ポイントに指値を置き、損切りは建値に設定しターゲットに刺さるまで放置するくらいの気持ちで挑みましょう。そうすればきっと、ホームランが打てる日も遠くないはずです。

こちらも参考に