少額でのハイレバ手法がFXで勝つ最初のトリガー

トレード哲学

FXに取り組む初心者トレーダーの多くは少額取引から参入することでしょう。なぜならFXを始める一番の動機は「お金がないから」ではないでしょうか。

しかし巷では「コツコツやりましょう」とか、「ハイレバはダメだよ」と仕切りに謳われています。これは本当に真実なのか、今回はその辺を深堀りしてみたいと思います。

コツコツの本当の意味

僕自身が考える結論からお伝えすると、「FXは勝ちをコツコツ積み上げるのが正しい資金の増やし方ではない」と考えています。もちろんそのようなマインドで僕自身、取り組んだ期間は正直長かったです。

積み上げるべきもの

では何をコツコツ積み上げるのか、それは端的に言うと「経験」です。そして経験の中でも負けた経験は、勝ちへの最短ルートです。

誰しも負けたくはないでしょうから、そんな経験積みたくないよ!と思うでしょうが、これは仕方のないことで真実です。練習中には必ず失敗をし、そこから学びを得て上手になるのは言わずもがなです。

失敗を恐れ、損失から逃げているようではトレードはいつまで経っても上手にはなりません。時に心が折れそうになることもありますが、へこたれていては前には進めません。

資金はコツコツ増えるのか

これは僕の考えですが、トレードが上手くなるとコツコツ利益が積みあがっていくのか?というと答えはノーです。そのように資金が増えた経験は、特に勝つようになってからはありません。

では僕の場合どのように資金が増えるかというと、「普段はよく負けていますが、数回に1回はドーンと勝つ」ので、数回分の損切りマイナス分が一気に相殺され利益が残ります。

粘り強く執拗に

僕は4時間足以上の大きな波のトレンド方向を確認したら、その波の反転を執拗に追いかけます。何度もエントリーして損切りされますが、最終的に捉えてドーンと巻き返すパターンが多いです。

今でも自分は何でこんなにトレードが下手なんだろうと嫌になることもありますが、努力しながら精度を高める日々です。負けている頃はこの数回の損切りでメンタルや資金がやられてしまって、最後のドーンが取れなかったので負けていたんですね

正当なハイレバレッジ

レバレッジ管理はあくまで自己責任ですが、僕個人の考えでは「少額からトレードで大きな結果を得るためにはハイレバレッジ以外に選択肢はない」と考えています。

初心者のハイレバレッジ

しかし気を付けなければならない点として、まだ経験の浅い初心者トレーダーは絶対にハイレバで取引してはいけません。ほぼ間違いなく証拠金の全てを吹っ飛ばします。

初心者トレーダーはハッキリ言って、稼ぐことよりも相場に慣れることが最も重要です。一生懸命に勉強したりトレードしてみて、「相場がわかってきたかも!」という経験は、大げさではなく100回は繰り返して初めて中級者だと認識した方がいいです。

中級者のハイレバレッジ

トレーダーの世界に中級者と呼ばれる層が本当にあるかどうかはわかりませんが、僕の認識では「知識と経験はそこそこあるけど勝てていない層」と定義付けしています。

先にも説明した通り、この層こそ臆さずハイレバレッジを上手に使いこなす訓練が必要だと考えています。過去の僕がそうであったように、普段の負けを正しいハイレバレッジで取り返すのです。

ただし、大きな波の方向性を見誤ると最後の最後まで大負けするのでダウ理論はもとより、エリオット波動の読み方やマルチタイムフレームなどを活用し、相場を完全にフラクタルな視点で捉えられるようになることが必須条件です。

参考にどうぞ

上級者のハイレバレッジ

僕自身まだ上級者と呼んでもらえる立場ではないと思いますが、週に何十万勝つことはザラにあります。じゃあ証拠金はいくらくらいで取引しているかというと、大体10万円くらいです。

初心者の方からすると、けっこう意外ですよね。でも自分のトレードスタイルが固まっていて、鉄板のシナリオが見えた時だけトレードするのであれば10万もあれば実は十分なんです。

最近では無駄なトレードが減ってきて、自分のシナリオにハマった鉄板パターンのみトレードするようになったので、ピンポイントでフルレバレッジ取引します。

そして利益は週末には出金し、また口座には10万円だけ残しておく単利運用が僕の資金管理です。僕は兼業トレーダーですので、複利運用はリスクが高いので使っていません。

ハイレバの手法で勝つコツ

逆行しないポイントを絞り込む

ハイレバでエントリーする場合、当然ですがなるべく逆行に遭いたくありません。ですからしっかり波が止まるポイント、つまり押し戻りを逆張りで入ります。

僕のいう逆張りポイントとは、「根拠足より2つ下の下位足で天底を作ったポイント」でのみ有効です。

すぐ逆行に合う人は、上がったから買って下がったら売るので逆行します。レートの動きはその逆をいきますから、「下がったら上がるので買う、上がったら下がるので売る」です。

これ地味に有料級の情報なのですぐレートが逆行する人は、波動をよーく頭の中でイメージし考えてみてくださいね。以上、ハイレバは小さな資金で大きな成果を生み出すFXトレードならではの利点と言えます。しかし使い方を誤ると資金を失う諸刃の剣でもありますので、十分な訓練を経て活用しましょう!